スポンサーサイト

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

                           

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

巻きスカート作り5 完成。

 
JUGEMテーマ:日記・一般


裾の始末が終わって最終的にアイロンをかけたら出来上がり。
う〜む・・さすがにウエストサイズが大きい。落ちなきゃいいんだし。ま、いっか。


できあがり。着用見本(笑)

茶色。タイトスカートっぽい。


黒。ウエストを折って着てみる。
ウエストがごろごろしてるのは、冬はコートで見えないからへいきへいき。
ちなみに腰ではいて丈を長く見せることもできる(笑)


柄。


柄アップ??

アップしていいものかどうかそうとう悩む。
足が・・・・・・(-_-;)
見た人が不愉快にならなければいいが・・・

黒のレギンスなのに写真だとこんな色に写るのね・・
黒いスカートの写真のブーツに「モフモフ」がついてるが、残布箱をあさっていたらフェイクファーの黒が出てきたので適当に作る。ほれ、流行ってるみたいだし。

2日からやりはじめて10日ほどかかったなぁ〜スカート3枚にかかりすぎ。
糸の色変えるのが面倒なんだよな〜特にロックミシン。

パターンがあるから春物も作れる。巻きスカートばっか作ってどうする(笑)
ということで、読んで下さった皆様 お疲れ様でした。

もっと上等なミシン欲しいよ。


                           

at 10:54, , 仕事。

comments(6), -, pookmark

巻きスカート作り4

 
JUGEMテーマ:日記・一般


ウエスト部分の始末をはじめる

ツイードぼっそぼそ(汗)


後ろゴムはウエストベルト脇縫い目に落としミシンで抑える。ウエストベルトの始末は(ピン打ってるところ)ミシンでたたいた方が早いのだけど、家のミシンは古くてパワーがないので手まつり。

ウエスト始末できあがり

なぜか1着分だけつりひもが家にあったので(笑)茶色のスカートにつけた。

裏地の裾の始末。

表地3cm幅のステッチで裾上げをしたあと、裏地の裾を上げる。幅が広いが1cm幅三つ折りのつもり。だから裏地嫌いなんだってば。

セミフレアもセミというか・・ほとんどタイトだけど、フレアと名がつくと脇が伸びるので(特に裏地は伸びる)伸びた部分をカットしながらアイロン&ピン打ちして裾上げする。
そのあと、裏地が上がってこないように表地と裏地の脇の縫い代どうしをゆるめに縫い合わせておく。
糸ループをつけるという手もあるが「糸ループの作りかた」を忘れた。確か面倒だったような気がすることだけ覚えている(笑)なんでも面倒な女。

そうそう、アイロンはちゃんと地縫いにアイロンをかけて縫い目を割る。こまめにきちんとアイロンをかけるのが美しい仕上がりになりますよ。と私が言っても・・・・な感じ(-_-)説得力ない。

一般的な服作りは縫い2割・アイロン8割ですぜ。
                           

at 12:40, , 仕事。

comments(0), -, pookmark

巻きスカート作り3

 
JUGEMテーマ:日記・一般


縫う。

ミシンに油性マジックで5ミリ幅の線を引いておく。
しかし太い!こんなに太い線ではなくて細い線で。
良い子は真似しないように。
そして目線はマジックの線へ!ミシンの針は横目で。生地の端をマジックの線に合わせて縫えば自動的に縫い代1cmや1.5cmのところで縫いあがることになる。

脇と裾はロックミシンをかけておく。

ウエストベルト始末前

上前スカート端部分、下スカート左脇部分は裏地がふきだしてこないように裏地を2ミリ控える。
ホントは見返しをつけるんだろうが・・・生地がたんない(笑)
なので2ミリ控えたところはコバ+2.5cm幅のステッチでたたく。ステッチ嫌い。ごまかしきかないから。
もちろんステッチ糸なんて使わない。針目を大きくして縫っただけ。
思い出したようにスカートのウエスト部分に捨てミシンをかけたが時すでに遅し。
ウエストが少々伸びて、ウエストベルトとはぐ時は少々いせこんでつける事に・・・そしてツイードは、ほつれやすいのでボソボソに・・・・

ウエスト部分・ファスナップつけ。

手元のライトがオレンジなので黒い生地がこんな色に写ってしもうた・・こわっ!
ウエスト部分ファスナップはファスナー抑えで。
え?しつけ?ソレナンデスカ?(笑)

家に5〜6個の抑え金があったけど、何に使うのか忘れている抑え金もアリ(~_~;)

あ〜寒い ぶるるるるる・・・・

                           

at 10:47, , 仕事。

comments(2), -, pookmark

巻きスカート作り2

 
JUGEMテーマ:日記・一般


生地を地直しした後に型入れして裁断する。

びっちびち。生地の買い方セコイ。ダブルの幅で60cmほど買った。
ポケットでも作ろうかと思ったが、ポケット1つすらできやしない(笑)


裁断。文鎮は洋裁用具。もっとたくさん置けよ(笑)
裏地も同じように裁断。地の目は合ってます(笑)良い子は真似しないように。

両脇縫い代1.5cm 前スカート裏地とはぐ部分縫い代1cm ウエスト部分縫い代1cm 裾縫い代4cm
裏地縫い代1.5cm(キセ0.5cmかける)
当たり前だけど縫い代つきパターン。

ウエストベルト部分は1本で取れなかったので、バラで裁断して前ウエスト部分と上前ウエスト部分に芯地を貼る。

裁断と芯貼りは嫌いなのでちゃっちゃと。ここまで2日。


                           

at 10:57, , 仕事。

comments(0), -, pookmark

巻きスカート作り1

 
JUGEMテーマ:日記・一般


昔取った杵柄。
巻きスカートを作る。
適当なパターンが家になかったので、探すより自分でやった方が早いだろう。
はっきり言ってユ※クロのパクリである。作って売るわけじゃないからよかろう?
丈41cm
ウエスト74〜80cm
ヒップ96cm
『車に乗る時おなか苦しくないよゆるすぎる巻きスカート』(長いっ)
普通にはいたら腰ではくことになるな。

シーチングでトワルを組む。

前 自分の物なので仕事が荒い(~_~;)


後ろ(後ろ全ゴムの為、ギャザーを寄せておく)





巻きスカートなので上前スカートをつける。

仮縫い。一応着てみる。こんなもんだろ。(写真省略)

これをパターン用紙に写しとって型紙にする。
ちなみにこの仕事でメシを食っていた。パタンナー。

2へ。
                           

at 13:02, , 仕事。

comments(2), -, pookmark

食欲なくす〜

 
近頃ものすごい天気で明け方に雷で起こされるけど、猫達は元気。



朝はだいたい晴れているので、9時から庭へ。

と・・その前に、トイレとお水を出して庭のチェック!

今朝はセミがお亡くなりになっていたので、こんなものほっといたらつつきまわして遊ぶに違いない!(-_-;)

そんなところは見たくないので目の焦点を合わせずに埋める。



そして洗濯物を持って出るちょっとした時間・・

もん君がすでにまったりと座っている。

それはいいんだけど、あれ!?もん君そそうしちゃったの?それも大(ToT)?トイレは外に出してるし、一度もそそうしたことないのにどうしちゃったのかな??

と・・よく見ると・・それは大ではなく・・・

7センチばかしのでっかいイモムシ!それも黒い_| ̄|○

「ぎえ」(あまり驚くと大きな声は出ないものですな・・)

大きく深呼吸〜〜〜〜そしてやっぱ見たくないので目の焦点を合わせずに埋める。

一体どこにいたのかな?でも、もん君は顔を上に向けて自慢げだった・・

お土産はいりませんから!ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!
                           

at 12:25, , 仕事。

comments(0), -, pookmark

仕事。

 
JUGEMテーマ:お仕事


4月になってしまいました。早いな〜
今日は20℃!暖かかったのでイチゴや花の苗の植え替えをしました。
とそういうことじゃなくて。

仕事ね。仕事。本職はパタンナー(だった)
不況の為廃業。

パタンナーという仕事はデザイナーがデザイン画を書いたものを型紙にする。という一口でいうとそれだけなんだが・・・
あ、ここで洋服ができるまでを簡単に。
1デザイナーがデザイン画を書く

2パタンナーがサンプル用のトワル(仮縫い・・とでもいうか)を作る。
私の会社は新人に簡単なデザインのものをまわして、慣れてる人はめんどくさいデザインがまわってくる。

3デザイナーにチェックを受け、OKが出たら立体裁断のトワルをばらし紙に写す。

4サンプルを作る

5サンプルを着て検討し、直すところは直してもう一度サンプルを作る。

6最終サンプルで商品にするかどうか何人もの人が見て決定する。
(もちろんここでボツになることもあり)
簡単にいうとこんな感じ。簡単すぎて現役の方から苦情がでそうだ。

さてさて型紙にするといっても紙だけではどうにもならない。

ボディ(上半身ハダカのマネキンみたいなやつ。マネキンとは全く違うが)に合わせてゆとりや着ごごちを考慮し布で組み立てていく。
いわゆる立体裁断。
このやりかた習うと平面の紙だけでやるというのはめんどくさくなる。
立体の方が簡単になってくるのだ。
もちろん工場に向けての縫製指示や素材が決まったらそれに合った指示を書かなくてはならないのだがそれはそんなにめんどくさくない。

1番めんどうなのはデザイナーのチェックで「こここういう風に変えて」の
一言で全てやり直しの場合がある。
はいといいつつガーン!なんだがいたしかたあるまい。
そうして一人づつ山のようにデザインが描いてある紙をかかえながら深夜まで働くのであった。

ファッション業界は体力勝負である。ふう。
夜になると出社したときとはうって変わった顔になってしまうのだ。
服装やアクセサリーはお堅い会社とは全然違うだろうが、疲れちゃって・・
会社で顔を洗ってしまう。
・・・・そして誰だっけ?という顔になってしまうのだ(笑)
                           

at 10:52, kana, 仕事。

comments(0), -, pookmark