スポンサーサイト

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

                           

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

空港その8

 
シェレメチェボ2 その6



あまりにも間が開いて何の話だったか忘れるとこだった。

シェレメチェボのDFS(デューティフリーショッパーズ)の話だったね。



そうそう、ここで買おうかどうしようかすんごい悩んだものがある!



それは帽子。

ミンクの毛皮の!それも白・・・・

な〜んで欲しかったかというと寒かったから・・てのもあるが帽子の形がおもしろかったんだ〜



形は・・・う〜んそうだな〜しいて言えばフルフェイスのヘルメットの前のカバー?をなくしたような形。

よーするに頭と首と耳まですっぽり覆い、顔だけ出てるってやつ。

それがミンクだからモコモコしててなんとも言えない味わい。

首の下はね、ボンボン付きの紐で結ぶの。



見た目チョーかわいい!かぶってもあったかい!

かぶってみてかわいいかどうかは別(失笑)

値段もミンクの帽子としてはびっくりしない値段(確か数万円)



あ〜ほすぃ〜〜〜スキーの時になんて最高だし、雪の日なんてバッチリ!

帽子持ったまま右往左往・・・・・



でも・・でも・・・スキーなんて年に2回行けばいいほうだし、雪の日なんて関東ではそうそうない・・・まず雪の日には出かけない・・・・



ふう・・考えた結果買わない事にした。







・・・・・・・・・・・・・・その後・・・・・・・・・・・・・



スキーには全然行かなくなったし、雪の日には相変わらず出かけない。



買わなくて正解だったと思うけど、欲しかった一品のお話であ〜る。





これにて長く続いた空港のお話は終了。

次からは行った先々の街のおはなし。
                           

at 21:50, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その8

 
シェレメチェボ2 その5



そしてもちろんここにはDFS(デューティフリーショッパーズ)がある。

おお・・・見学するには(見学だけじゃなく)もってこいの免税店!



私が行った他の国の店よりちょいと小さめの店だったが一番最初に行った時はあまりにも珍しくてCCCP

(ソビエト社会主義共和国連邦の略称。Союз Советских Социалистических Республик)

英語だとUSSR。Union of Soviet Socialist Republics



そのCCCPと書いてあるTシャツを買ったもんだった(ミーハー)

そしてソ連の国旗がついてるものも。けっこう楽しい。



いや〜しかしあれはどうなの?

膝より高い高さの瓶のウォッカ。

一升瓶なんて目じゃない。

機内持ち込みしたら確実に一人分の席が必要だろうウォッカ。

日本人なら飲むのも大変だろう〜



それとマトリョーシカ(検索すると画像がすぐヒットするよ)

ボーリングのピンのようなので(あんなにくびれてない)頭の部分が丸くなってて全体に民族衣装を着た女の子の絵が描いてある工芸品(?)



そのピンの半分がパコッと割れて中から次から次に一回り小さいお人形が・・・だいだいどれくらいかな・・・6個くらい入ってるのか?

行く度に「ふふふ・・」と微笑みながら?なでていたものだったが

なんとこれを(失礼)カゴに入れている女性が!

「買ってるのはどんな人だ〜」と思って見たら母だった。



おかげさまで実家にはマトリョーシカがある。

もちろん一つにまとめて(笑)並べたら場所取る〜



ちなみにこのマトリョーシカ。日本にある民芸品の次から次へと出てくる箱を見本にして作ったという説があるが定かではない。





※私が見た中では女の子の絵じゃなくて歴代書記長の絵が描いてあるのもあった。

ゴルバチョフ氏しかわからなかったがなかなかイケてた・・と思う。


                           

at 21:56, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その8

 
シェレメチェボ2 その4



そこの雰囲気は私にとってはナイスなんだが、人によっては

「最悪大嫌い〜」と言う方もいる。なぜだ?

いや本当はなんとなくわかる。

だって薄暗くて(節電か?)暖房は入ってても外はマイナスであろう空気を漂わせる凍てつく感じ。(冬)

それと一種別な意味で張り詰めた空気(ソ連時代)



私にとっては全てがナイスである!異国の地である。



しかし空港と言えば明るい雰囲気&海外というちょっと日常を離れた場・・・

女性(女の子)にとっては嫌われるのもいたしかたあるまい。



その上、働いてる方の笑顔がない顔も社会主義的だったか。

だが今は違う。

開放後働く女性のおしゃべりや英語あるいは日本語のアナウンスまである。

日本語のアナウンス・・・嬉しいがやってほしくなかったな・・・

なんにもわからないロシア語もなかなかオツなものだったのに。



そして空港だからもちろん喫茶店もある。

入った人からの話だがコーヒーを頼んだらカップは欠けてるし味は例えようがないと。(今は違うだろう)

外国で文句言っちゃダメ。

お国柄というもんがあるんだから。



きっとウオッカを頼んだらおいしかったに違いない!



ここで気がついたかと思うが私はちょっと変わった雰囲気が好きなのだ・・
                           

at 12:31, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その8

 
シェレメチェボ2 その3



ある時、乗り継ぎの時にフト思った。



マダムが持ってるあのカゴは何だろう?

近づいてみた。なーんだぬいぐるみか。

(海外で大人がぬいぐるみを持ってる場面に何時か出くわした事がある。プレゼンントだろう)



・・・ん・・違う!猫だ!本物だ!

おとなしくじーっとしている。茶色い丸い顔の猫。



名前を聞いた。が、忘れた。

マダムはとても大人しいいい子なのよと言ってた。



機内に入ってもじーっとしていた猫は一緒にパリに着いたのだった。



うちの猫なら1匹は「外見る見る〜〜どうなってるの〜出して〜」と騒ぐだろうし、もう1匹は「あっ あっ あっ だっこ〜」と泣くに違いない(笑)



どちらにせよペットの機内持ち込み&海外旅行は難しいかも。

飛行機1機につき先着1ペット(キャリーバックに入る小動物)オッケーと聞いた事はあるが(ウロ覚え)検疫も面倒らしいしね。



先着1ペット・・って。



でも・・有名人が犬を抱いて出発ロビーで「行ってきま〜す」と言ってる映像を見たことがある・・・

あれどうやったらできるのか?謎である。


                           

at 11:49, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その8

 
シェレメチェボ2 その2



先の空港には兵士がいた。

空港内部にもいたし、離陸する飛行機の回りも両脇を固めていた。



その飛行機の脇を固めていた兵士・・・かっこよかったのだ!

しかしカッコイイからとはいえ、先ほど中にいた兵士に銃を向けられたではないか!



なので機内から見つめるだけにしておいた・・・・とおいおい!

隣の席の先輩が兵士に向かって手を振ってるではないか!



怖いものなしである。



その兵士どうするかな?と思ったら・・・

後ろ手に組んでる手をちらりと横に出して手を振ってくれた。

顔は少し笑顔だったような気がする。



彼が後で罰則を受けてなきゃいいが・・と思う次第である。



お国が違うとここまで違うものなんだな。
                           

at 20:54, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その8(延々と続く)

 
ここからの空港話はちと長くなる。

相当カルチャーショックだったのか(笑)



もちろんそれはロシアのシェレメチェボ2空港!

ここで初めて乗り継ぎしたのはまだソ連時代。



当時私は箸が転がってもおかしい年頃。



ソ連だとか共産圏だとか鉄のカーテンだとか全く何の考えも知識なく待ち合わせロビーでみんなと大爆笑・・・・

した後でフト気がついた!



ああっ 銃がこっち向いてる〜(ピストルでなくて長くてでかいやつ)



そう・・・恐れ知らずのノータリンの(同行者よスマン)日本女性の集合体は銃を構えた兵士が目に入っていたが気にも止めてなかったのだ!



間違いなく「うるさいので黙れ」というメッセージ。

黙りましたよええ黙りました。

空港で撃たれて死にたくないし国際問題に発展したりしたら大変だ。



それから沈黙の時間が続いたのだった・・・・・



あの兵士達は単に安全強化月間だったのか??

それとも普通に兵士が置かれていたのか・・・・

今もって謎である。というか調べてないけど。


                           

at 18:25, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その7

 
何か忘れていたと思ったら成田だ・・・

千葉にある成田。



ここでごく一部の皆様にご迷惑をおかけした・・してないと思うんだが。



チェックインを済ませて時間があったからお昼を食べていた。

おなかすいたのだ。



そそそそしたらなんと放送で呼ばれた〜

「アエロフロート○○○便でパリへお立ちの○○様と○○様、出発のお時間がせまっております。至急出発ロビーまでおいで下さい」みたいな。

そんな内容の放送・・・



お昼ごはんはハンバーグランチ・・・を半分ほど食べていた。



不思議な事に通常の放送はほとんど気に留まらないのに自分の名前を呼ばれると「お!?」と気がつくものである。



でも・・でも・・ハンバーグあと半分・・・・

食べた。



食後すぐに運動してはいけませんと言いながら走ったね。



そして・・・・飛行機乗り場に(バスじゃないって)着いた。



む〜〜〜〜〜放送で呼んだくせに〜時間まで全然余裕じゃ〜ん・・・・

そのうえまだきてない人いっぱいいるじゃ〜ん・・・・



女2人と年齢から想像して「こいつら絶対遅れるから放送しとこう」

てな話になったのかそうではないのか定かではないが離陸がちょこっと遅れたのは、私達2人のせいではない。



全然関係ない話だが友達は成田出身でそのご主人は羽田出身だ。

ヒコーキつながり。
                           

at 10:45, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その6

 
イタリア。レオナルド・ダ・ヴィンチ空港。



明るい。(天気も良かったんだろう)



これといって特別な事はなかったが、朝早くローマ市内のホテルを出て午前の便でパリに向かう予定だったのだが・・・



いかんせんストだ。

いつ終わるかもわからないスト。



ありゃ〜午前中にパリに着いたら美術館かベルサイユにでも行く予定だったのだがダメじゃこりゃ。

歩いていける距離でもないし。



朝はホテルでちょこっと食べたけどおなかが減った。

あーそうだ。こんな時の為にバックの中にビスケットがあったな。

食べようポリポリ。

ではなくて。



やっと昼頃機内に案内され飛んだ。

飛んだはいいがあれあれ??すぐ降りるじゃないのさ。

ここどこ?この空港。空港?広い原っぱが周りにある滑走路・・・・

一体どこだったのか。

何が始まるのか〜と思っていたらコンテナがやってきて何かを積んでいる。

なんだなんだ〜??



そして何事もなくまた離陸・・・・そしてわかった。

何を積んでいたか。



お昼ごはんだ。



それも機内食のプレートに乗ってるやつではなくてハンバーガーというかサンドイッチというかそんなもの。

それとジュース。

アハハハ・・・最初から乗せてないんだ。というか補充したのか忘れていたのか・・

それはわからない。



でもストでプチイライラ&おなかが減っていた乗客がほとんどだったので良かった良かった。


                           

at 13:30, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その5

 
ドゴールその2。



一度だけ入国手続きにすごく時間がかかった事がある。



ヨーロッパの国々では無言で次々と仕事をこなす方が少なかったような

(他の国はわからないのでこう書くのはいかがなものかと思うが、スーパーのレジのお姉さんでもおしゃべりに夢中だったりする・・)



窓口の一つが混んでたら、手が空いてる人が横の窓口を開けて「こちらにおまわり下さい」というシステムはないのか。

あるんだろうけど人員不足もしくは休憩中もしくはトイレだったんだろう。

(ということにしておこう)



というと、混んでたから時間がかかったように聞こえるがそうではなく

ロシアから乗った金髪碧眼の美女がどうやら問題がある様子。

金髪碧眼の美女・・・自分と見比べると・・・いや、やめておこう。



詳しくはわからないが彼女の手持ちの金額が多かったような。

出国時の申請と違ったのか持ち出し金額が多かったのかカウンターで手持ちのお金を数えさせられていた。



とても高額なお金の束に見えたが日本円ではお幾らだったのかわかるはずもない。






                           

at 12:09, , 空港。

comments(0), -, pookmark

空港その4

 
お次はフランス。シャルル・ド・ゴール空港。



ちょっと香水みたいなニオイがする。

そしてinformationの前の音楽が「じゃら〜ん」とちと気が抜けるようなナイスな音。

今も変わってなきゃいいが・・・



造りは中央部が吹き抜けで、そこをエスカレーターで上がるようになっててオシャレな構造。



実は子供の頃、空港完成の特集記事を読んで

「すごいなあ〜空中エスカレーターだ〜でもパリってどこ?」



と・・・今思うと、国の場所もわからないくせに空港完成の記事なんて読んでる訳わからん子供だったみたいだ。



その後まさか何度も行く事になるとはな・・・



もちろんここでもカラフルなお菓子を買うのだ。

味はどうでもいい。



あ。

空港の売店で1度だけエビアンの顔に吹き付ける水を買ったことがある。

なぜ買ったのか??機内で顔が乾燥するからか?

しかし機内で顔にスプレーした記憶はない・・・

ただ・・日本での入国審査の時、手荷物の中のこのスプレーを取り出して、

「これは何ですか?」と聞かれた記憶がある。



顔に水かけるなんて・・・男性の係の方はわからなかったのもいたしかたあるまい。






                           

at 13:01, , 空港。

comments(0), -, pookmark